デュアック配合ゲルで副作用やかぶれもなく赤みが酷く腫れ上がっていたニキビが減少!

性別:女性
年齢:23歳
ニキビで悩んでいた期間:20歳~現在
ニキビの症状(現在悩んでいる症状も):現在はだいぶ落ち着いていますが、まだ両頬にニキビがぽつぽつとあります。
またニキビ跡の方が今は酷いです。
購入したサービスや商品と効果:デュアック配合ゲルです。
最初なじむのに時間がかかりますがニキビができるのを予防してくれるので数はだいぶ減少しました。
スポンサーリンク

手で触れている面がデコボコしていて本当に自分の顔かと疑ってしまった

急に化粧ノリが悪くなって肌の皮脂が多いなと感じ始めたのがきっかけでした。

いつもならよく睡眠をとって疲れをとったらだいたい落ち着いてくるのですが、この時ばかりは何故か治らず非常に辛かったです。

洗顔をしていてもお湯や石鹸が顔に沁みるし、手で触れている面がデコボコしていて本当に自分の顔かと疑ってしまうほどでした。

なによりもいつも使っていた化粧品が沁みる状態になってしまったので、どうこの状態を隠そうか凄く悩みでした。

自分が今まで行ってきたスキンケアが何故かこの時ばかりは合わずで「いきなり何で」って思いましたね。

ニキビができる範囲もだんだんと広がっていってしまったのでこれはもう自分の力ではどうしようもないと感じ始め病院に通うことに決めました。

病院で処方してもらった薬を飲む塗るがニキビをやつけるには一番

最初の頃はファンデーションで必死にニキビを隠していたのですが、それもだんだんとできなくなるくらい肌が荒れてしまったので仕事場ではマスクが欠かせなくなってしまいました。

本当は夏場なんかは汗で蒸れてしまうのでしない方が最善ではあるとは思いますが、人に見られるのが怖くなってしまってとりあえず下を向いて仕事をしていましたね。

普段の生活でも肌に良いことはとりあえず実践してみたり、自分の肌に合う化粧品をいろいろ試してみたりと自分なりに努力はしてみました。

けど結局はお医者さんに処方してもらった薬を忘れずに飲む、塗るということが結果一番ニキビをやつけるには良い方法でした。

お医者さんも親身になって話を聞いてくれたので気持ち的にも随分と楽になりました。

おしゃれやメイクをしてもマスクをつけてニキビを隠す日々

人前でもマスクをとれない生活が続いたので出掛けることが少なくなってしまいました。

私は普段から化粧するのが好きですので、せっかくおしゃれに着飾っても顔はマスクしなければならないので気分が全然上がりませんでした。

ですがご飯を食べる時は必ずマスクを外さなければいけませんので、その時は非常に顔を見られることに抵抗がありました。

そして私の顔を見て心配してもらうのが本当に辛かったです。

心配をしてもらうのは別におかしいことではありませんが、できれば触れないで欲しいというのが正直なところでした。

正直なところ私は最初からニキビ体質ではありませんでしたので、原因が少し不透明なところも不安がありました。

結果として今は落ち着いていますが普段からもっと肌を気にするようになりました。

病院処方のデュアック配合ゲルは副作用が心配だったけどニキビがポロポロと取れた

最初ニキビができた時は洗顔をもっと丁寧にするよう心掛けたり、勝手に市販の薬を肌に塗りこんでいました。

確かにこの時点で勝手に肌を荒れさせる結果につながる行為を自分で行っていたのだと思いました。

結局は病院に通うまで自分がバカな行為をしていたのは気づかなかったので本当に情けないと感じました。

皮膚科で処方されたのは「デュアック配合ゲル」と飲み薬としてビタミン剤でした。

この薬を最初使った時、正直痛みの方が強くて自分に合ってないのでは感じるほどでしたので相当強いお薬なんだと勝手に思っていました。

しかし塗り続けていきますと、ピーリングの作用があるせいかニキビがポロポロと取れていくのでちゃんと薬が効いていると実感が湧いてきてとても嬉しく感じました。

デュアック配合ゲルでニキビの赤みが引いたのが何よりも嬉しかった

私の肌はニキビが悪化して赤みが酷く腫れ上がっている感じでしたので、まずその赤みが引いたのが何よりも嬉しかったです。

また処方された薬には新たなニキビができるのを防ぐ、予防するという働きがあるせいか新しいニキビが心なしか出来にくくなっていると感じました。

ある程度化粧をしても良さそうな感じに戻ってきたので少しだけおしゃれを楽しむことも今は出来ています。

また肌に塗るのも普段使っていたファンデーションではなく、「ノンコメドジェニック」という肌に優しいものを使用することに決めています。

逆にニキビができてしまったからこそ、自分の肌をもっと大切にしようと考えさせられる良い機会になったかなと結果として私は思っています。

ニキビで本当に悩んでいるのなら一度病院で診てもらうべき!

ニキビにもたくさん種類があると思います。

ニキビができる原因のほとんどは油分です。

私は小さいころはアトピーでしたので逆に乾燥肌でした。

しかし20歳を超え急肌に質が変化してきました。

それは環境の変化であったりとか化粧をする機会が増えたことによるものだと考えられます。

自分の勘違いで肌を痛めている場合だってあります。

本当に悩んでいるのなら一度病院で診てもらうべきです。

ニキビなんかで病院に行くのなんか恥ずかしいなんてプライドは捨てた方が良いです。

また人に悩みを打ち明けることによって気持ち的にも随分楽になると思います。

私もまだ完治まではいってませんので引き続き治療のほど頑張っていきたいと思っていますので、ニキビで悩んでいる方一緒に頑張りましょう。