モテる財布メンズでおすすめは?色と中身についても調査!

モテる

風水にいいとかいう財布を使っていたらドン引きされたことがあるkounakです。

最近は電子マネーなどのキャッシュレスが増えたので、
現金を使う場面が減っていますが、それでも財布は持っていると思います。

この財布にも、モテる財布モテない財布があります。
少し前にマジックテープの財布が嫌!なんてことが話題になったこともありましたね。

どうせ財布を使うのなら、モテないよりはモテる財布のほうが絶対にいいはず。

そこで、どんな財布がモテるのかについてや、
モテる財布の色、そして中身についても紹介します。

そろそろ財布を買い替えたいけど、どうせならモテたいという場合には参考になるはずです。

モテる財布 メンズでおすすめは?


さて、モテる財布といっても、いったいどんな財布がモテるのか、
男性目線だとよく分からないと思います。

実際、財布にそこまでこだわっていない人も多いんじゃないでしょうか。

さすがにマジックテープの財布やキャラクターものの財布とかはダメだと分かりますが、それ以外であれば、そこまで違いはあるのかなぁ・・・というのが正直なところかもしれませんね。

ただ、女性は以外と細かいところをチェックしていたりするので、
変な財布を使っていたから冷めた・・・なんてことになるかもしれません。

モテる財布のポイントとしておさえておく事は、
そんなに多くないので、きっちりチェックしておきましょう。

使っているとNGな財布

まずは、モテる財布を紹介する前に、逆にモテないNGな財布を紹介します。
もし今使っている財布が当てはまっているのなら、買い替えたほうがいいでしょう。

NGな財布の特徴としては、
・長年使っているようなボロボロな財布
・布製、ビニール製の財布
・派手過ぎる財布
・風水を意識した財布
・派手な色の財布
・キャラクターデザインがされている財布
・マジックテープが付いている財布
・女性物の財布
というものがあります。

ボロボロな財布は当然として、あまり派手なものや目立つものもNGなんですね。

風水を意識した金運財布なんてのもありますが、
これはモテない財布ということになります。
(金色など奇抜な色が多いのが原因でしょう)

モテる財布の特徴は?

モテる財布の特徴ですが、財布の種類としては、
長財布
になります。

二つ折り財布は、モテる財布とは言えないようです。

最近は財布というよりは、マネークリップを使う人もいるようですが、
これは判断が微妙なところです。

モテるかもしれませんが、人によるのでやめておくのが無難かもしれませんね。
(IT企業の社長とかならモテるんでしょうけど・・・)

財布のデザインですが、
・ブランドロゴの主張がない
・色はシンプル
・素材は革
がおすすめです。

革の財布は高級感もありますし、使い続けると革が馴染み、味のある財布になります。
見た目は地味でもしっかりしているもの、というのがモテる財布ですね。

さて、この後おすすめの財布のブランドを紹介しますが、
別に有名高級ブランドじゃないとモテないというわけではないので、
少なくとも革製品でシンプルなデザインのものを使うといいでしょう。

モテる財布のブランド

財布のブランドはいくつもありますが、
その中からおすすめなものをいくつか紹介します。

ボッテガヴェネタ

女性にも人気のブランドのボッテガヴェネタです。
見た目がボコボコしたデザインが有名ですね。

ボッテガの財布は、皮の柔らかさや、使い心地いいのが特徴で、
デザインもシンプルで飽きがきません。

当然、そこそこのお値段はしますが、その分の価値はあるでしょう。

ポールスミス

ポールスミスはイギリス発祥のブランドです。

ポールスミスは変わったデザインのものもありますが、
シンプルなものもあり、価格も安いものもあります。

見た目も高級感があり、使いやすいデザインが特徴です。

ただ、若い人が持っているイメージがあるので、
それなりの年齢になると辞めておいたほうがいいかもしれません。

ココマイスター

財布のブランドというと海外ブランドというイメージがありますが、
ココマイスターは、「日本の職人がつくる心温まる革製品」をコンセプトの日本のブランドです。

素材を厳選しているので、一生ものの財布になります。
修理もできるなど、アフターケアもばっちりです。

派手さはないですが、質のいい財布なので、受けはいい財布です。

モテる財布の色は?

財布はデザインや素材も重要ですが、色も重要な要素です。

いいブランドの財布でも派手な色なら引かれてしまうこともあります。

一番無難なのは「」なのですが、黒ばっかりというのも何なので、
黒以外でモテる色も紹介します。

黒以外では、
・グレー
・ネイビー
・茶色
・カーキ
などが人気です。

どれも基本的には派手な色ではありませんが、
茶色っぽい色も人気があります。

男性ブランドだと黒が多いのですが、グレーやネイビーにしてみると、
おしゃれに見られていいかもしれません。

モテる財布の中身について


さて、最後にもう1つ重要なのが「財布の中身」です。

せっかくいい財布を持っていても、中身がぐちゃぐちゃだと台無しになってしまいます。
財布の中身も意外とチェックされていますよ。

財布の中身ですが、ポイントカードなどのカードでいっぱいとか、
買い物したときのレシートを入れたままとかで、
財布がパンパンになっている人っていますよね。

カードを出そうとしてけど、中身がぐちゃぐちゃで、アタフタしてしまう・・・、という姿は見られるとかっこ悪いものです。

財布の中身が原因で幻滅されることもあるので、財布の中身にもしっかりと気を使いましょう。

財布の中身のポイント

モテる財布の中身にするポイントは、
まず、「必要な物以外は入れない」という点です。

財布の中身は、こまめに整理しておき、
普段必要じゃないものは、財布に入れておかないほうがいいでしょう。

滅多に行かないお店のポイントカードや、レシートなどは出しておきましょう。

財布に入れておくのは、
・現金
・よく使うキャッシュカードやクレジットカード
・よく行くお店のポイントカード
ぐらいにしておきましょう。

また、いっそのこと「小銭入れ」や「カードケース」を併用するのもいいでしょう。
使い勝手を考えるとちょっと面倒くさいのですが、財布はすっきりします。

財布に入れておく現金はどれくらい?

さて、最近は使う機会が減っている「現金」ですが、
財布に現金をいくら入れておくのがいいでしょうか。

現金の量については人それぞれだとは思いますが、
目安としては「年齢×1000円」がいいとされています。

30歳の方なら3万円、40歳なら4万円ですね。

あくまで目安ですが、デートなどに行くのなら、
余裕を持って入れておきたいところです。

ただ、財布の中身が、財布の値段よりも少ないのは問題かもしれないですね。

まとめ

ここでは、モテる財布について紹介しました。

まずモテないNGな財布ですが、
ボロボロな財布」「派手過ぎる財布」「派手な色の財布
などがあります。

モテる財布の特徴としては、まず種類は長財布で、
素材は革」「色はシンプル」「シンプルなデザイン
がおすすめです。

モテる財布のおすすめブランドとして、
ボッテガヴェネタ」「ポールスミス」「ココマイスター
を紹介しました。

モテる財布の色は、無難なのが「黒」で、それ以外では、
グレー」「ネイビー」「茶色」「カーキ
があります。

最後にモテる財布の中身として、
必要なもの以外は入れない
小銭入れやカードケースも使う
現金は年齢x1000円を目安
にするのがおすすめです。

これらを満たすような、見た目は地味だけどよく見るといい財布、
というのがモテる財布です。