婚活アプリでマッチングしない4つの理由!ヤリモクを見抜くコツや付き合うまでの期間について

婚活アプリ,マッチングしない,ヤリモク,付き合うまで,付き合う, 婚活

ステキな出会いを夢見ているけど、女性が多い職場で期待が出来そうにないsayakaです。

「この人イケメンだから、いいねをして・・・って、その後全く反応ないじゃん(泣)」

内勤でお局さんが多めの職場で、男性と言えば、妻子持ち、宅配便で荷物を取りに来てくれる人って感じになっちゃってます。

なので、出会いのチャンスを求めて婚活アプリを活用していますが、なかなかマッチングしなくて、「あれ?これって私ヤバいよね・・・」てなってました。

 

これではダメだ!!

 

そこで、どうしたら反応があって、マッチング率を上げられるのかを徹底リサーチして、コツを掴むところまで来ました^^

この記事では、そのコツについてまとめてみました。

これを読むと、ガラッと反応が変わって、ヤリモクにも遭遇することなく、素敵な出会いが待ってますよ^^

 

婚活の関連記事はこちらからどうぞ♪

婚活アプリでマッチングしない理由は4つ

婚活アプリ,マッチングしない,理由,

 

自分なりに頑張ってプロフィールを書いて、写真もバッチリのハズなのに、なぜか反応が薄い、マッチングしない…。

ここを突破しないとメッセージのやり取りも出来ないですから、かなり焦ります。

マッチングしない理由は、次の4つに絞ることができます。

  • プロフィール写真のクオリティー問題
  • プロフィールに魅力を感じない
  • 相手が希望している年齢層から外れている
  • 共通点がない相手に「いいね」をしている

プロフィール写真のクオリティー問題

マッチングしない最大の原因が写真です。

検索で印象に残せるものが写真なので、ここで興味を持ってもらわないと、何も始まりません。

「見た目重視だから当たり前でしょ~!」って思った方は特に注意!

自分で気が付いていないところで、「痛い人」になっている可能性大です。

 

見た目が悪い=容姿が悪い ではありません。

”写真の撮り方” に問題があるんです。

 

では、どんな感じの撮り方がNGかと言えば…

  • そもそも顔がはっきり写っていない
  • 写真全体が暗くなってる
  • 鏡越しの自撮り写真
  • 写真の後ろに家具やカーテンが写り込んでる
  • 写真が一枚だけ
  • 修正しすぎだろって丸わかり

顔がはっきり写っていない写真や、顔に影が写っているなど暗い感じに写っていると、それだけでスルー確定です。

自撮り写真では、絶対にダメというわけではありません。

家具やカーテンが写真の後ろに写り込んでいると、適当に撮影して画像アップしてると思われ、真剣さに欠ける印象を与えてしまいます。

写真が一枚だけもスルー確定です。

 

逆に修正しすぎるのもNG。

知り合いにバレたくないとか、見た目に自信が無いとか、様々な理由はあるでしょうが、実際に会うと全く印象が違う!という問題にもなりえます。

また、婚活サイトによっては、写真審査を設けているところもあります。不十分な顔写真は掲載不可になりますので注意です。

 

プロフィールに魅力を感じない

次に気を付ける点がプロフィールで、全部丁寧に項目を埋めていることは基本です。

空欄が多かったり、自己紹介文が短すぎると、スルーされる要因になります。

 

逆に自己紹介が長すぎるのもNG

自分が読む側として考えた時、パッと見た画面にすき間なく文字がズラーーって並んでいたらどうでしょう?

「この人自己チューって感じだわ…」って、すぐ違う画面へ移動すると思いませんか?

はっきり言って、文章は隅から隅まで読まないです。ザッと見て印象に残る部分だけチェックするものです。

 

また、ネガティブな言葉もNG。

そもそも素敵な出会いを求めていますから、明るい感じの方を探しますよね。

もっとあなたのことを知りたい!
話をしてみたい!

って思ってもらえないと反応はしてもらえません。

 

相手が希望している年齢層から外れている

年齢についても、気になるところ。

婚活中の男女では、対象年齢の範囲が異なる傾向があります。

一般的に…

男性は、「自分より5~10歳年下」

女性は、「自分より5~10歳年上」

この範囲を希望していると言われています。

 

例えば、男性が30歳の場合だと、対象年齢は20歳から25歳の範囲で探そうとすることになります。

20代前半の女性の立場だと、40代・50代の男性から「いいね」が来ても、ヤリモクかも…?って思ってしまいます。

だから、年齢の差があり過ぎると、マッチングしにくいんです。

 

会員数の多い婚活アプリでは、自分自身が希望年齢の範囲に入っていないと、相手がチェックすらしていない可能性が大きいです。

ですから、必然的にマッチングする相手も少なくなります。

 

共通点がない相手に「いいね」をしている

アウトドアが好きな人に、ゲーム好きの方が「いいね」を送っても、他に何かしら魅力のあるものや共通点はなければ、マッチングしないでしょう。

趣味が同じとか共通点があるだけで、親近感を持ちます。

ただ、顔が好みだけでなく、プロフィールも再確認して、共通点のある人を選ぶようにしましょう。

 

婚活アプリでヤリモクを見抜くためにチェックしておくべきポイント

婚活アプリ,ヤリモク,

 

何だかんだって、婚活アプリって怖いですよね(泣)。
そのように思ってしまう一番の理由が「ヤリモクに遭遇しちゃったらどうしよう…」です。

※ヤリモクとは、「身体だけが目的で、そこに恋愛感情は存在しない人」のこと。

ヤリモクを回避するための4つのチェックポイント

そのようにならない為に、この4つは必ず詮索するようにします。

  • 彼女が欲しいのか、ヤリモクなのか
  • あなたに好意があるか
  • マッチングアプリを始めた動機、経緯
  • どういう人がタイプか

 

せっかく素敵な人だから会ってみようって、勇気を振り絞って行ったら、初日に身体を許したものの相手はヤリモクだった…。

これはツラすぎます。

 

そんな痛い経験をしないためにも、婚活アプリで出会った人が、どれだけ運命の人かもって思ったとしても、初日には絶対身体を許してはいけません。これだけは肝に銘じておきましょう。

相手のことを知ることが重要です。

 

ほぼ100%ヤリモク確定4つの特徴

次に、以下の特徴が見受けられた場合、ほぼ100%ヤリモクと判断してもいいです。

  • 自己紹介文が非常に短い(3行ほど)
  • ほとんどプロフィール欄が埋まっていない
  • 始めからタメ口っぽいメッセージ
  • 会う時間帯が遅い

 

自己紹介文が非常に短い(3行ほど)

自分のことを知ってもらうために記載するものですが、ココを詳しく書いていないということは、「相手に詳しく知られたくない」ということです。

婚活しているのであれば、共通の話題とか、価値観とか、好き嫌いなど、相手のことをいっぱい知りたいですし、知ってもらいたいですよね。

そこをちゃんと記載されていないのであれば、身体目的のみって宣伝していると思って間違いないですね。

 

プロフィール欄に空白が多すぎる

ここも自己紹介文と同様です。

自分の仕事とか趣味とか、こんな情報なんでどーでもいいから、ベッドに行こうよ~っているのが本音です。

必ずチェックですね。

 

始めからタメ口っぽいメッセージ

初めてのメッセージで、「マッチングありがとね~!〇〇ちゃん、よろしく~~^^」なんて来ると引いてしまいませんか?

とても、大人の対応ができる人とは言えないです。

さらに、3通目あたりで、「早く会おうよ~♪」って言って来る人は要注意!

素敵な人とか、誠実そうとか、何かしら相手の内面に興味が出るから、実際に会って話をしてみたいって思うもの。

一人暮らしかどうかを聞いてくるのも確定です。

女性の場合、出身地や一人暮らしかどうかは、プロフィールに記載しないほうが良いかもしれないです。メッセージで聞いてこなくても、ここで判断されてバレてしまう可能性大です。

 

会う時間帯が遅い

仕事を理由に、会う時間帯が遅い場合も注意です。

特に22時以降だと、わざと終電に間に合わないようにして、連れ込む作戦に出てくる可能性大です。

それに、22時以降しかダメということは、ヤリモクでなくて付き合ったとしても、会える時間が合わず不満を抱えるかもしれません。

相手と生活時間が合うかどうかも、非常に重要です。

 

婚活アプリで付き合うまでの期間はどのくらい?

婚活アプリ,付き合う,付き合うまで,

 

  • マッチングしやすいように改善した
  • ヤリモク対策のポイントも抑えた

ここまで準備が整うと、お付き合いするまでの期間が気になってきます。

一般的な流れは…

  • メッセージのやり取り
  • 初対面
  • メッセージのやり取りを続けたり何度か会う
  • 1か月が過ぎた頃あたりから、お付き合い

という場合が多いです。

 

一般的な初対面までの流れをチェック

婚活アプリでは、初対面までどのような流れになるのかを整理してみます。

  • 会員登録、プロフィール作成
  • 「いいね」を押したり、もらったりする(相手探し)
  • 男女とも、お互いに「いいね」を押すとマッチング成功
  • メッセージのやり取りスタート
  • やり取りの中で、「会ってみませんか」という流れになると初対面

このような流れで初対面になる場合が多いです。

 

では、どのようなタイミングで初対面になる場合が多いのかを見ていきましょう。

やはり一番に挙げられるのは、「会話が盛り上がってきたら」です。

実際に会って聞いてみたいなとか、話題が盛り上がったら続きを話したくなったと感じたら、お会いしたいと丁寧に返事をするのが一般的です。

未だ会いたくない、まだ早いと感じる相手では、話題を変えるなどしてお茶を濁して様子を見るのでもOKって感じです。

 

メッセージのやり取りを1日1~2回を行って、2週間が過ぎたあたり。10通目から15通目程度メッセージのやり取りを経て「会ってみますか?」という流れが多いです。

 

あくまで一般的な流れで、お互いの仕事のタイミングや、出張など様々な事情がある場合もありますので、初対面のタイミングは相手と相談して決めることです。

なので、周りの状況は参考程度にして、そこに自分が当てはまっていないと焦る必要は全くありません。

食べ物の好みでも、人柄が判断できるという利点もありますので、メッセージのやり取りでは、食べ物やお店の話題をすると、盛り上がって話がスムーズに進みやすいかも。

 

告白・付き合いになるまでの期間

  • 1日1~2回のメッセージのやり取り
  • 2週間が過ぎたあたりから初対面

次に気になるのが、付き合うまでどの程度の期間があるのか?

これは、年齢性別を問わず「3回目に会った時に告白」が一番多く、その時期が1か月頃になります。

逆に4回目、5回目、とズルズル引きずられてしまうと、真剣さに疑問を持ってしまいますよね。

男性のほうでも、「タイミングを失う」「友達のようになってしまう」ということなので、3回目がポイントと思っていいでしょう。

 

まとめ

婚活アプリでマッチングしない理由は4つ

  • プロフィール写真のクオリティー問題
  • プロフィールに魅力を感じない
  • 相手が希望している年齢層から外れている
  • 共通点がない相手に「いいね」をしている

見た目が悪い=容姿が悪いではなく、”写真の撮り方”に問題があることが圧倒的に多い。

写真を加工しすぎで、実際に会うと全く印象が違う!という問題にもなりえます。

また、婚活サイトによっては、写真審査を設けているところもあります。不十分な顔写真は掲載不可になりますので注意

プロフィールは丁寧に記載することが絶対条件。

 

いいねをしても、相手が希望している年齢層に自分がいないと、反応が返ってくることは非常に少ない。

男性は、「自分より5~10歳年下」
女性は、「自分より5~10歳年上」

この範囲を目安に、プロフィールの内容を加味して選ぶといい。

 

婚活アプリでヤリモクを見抜くため、まずチェックしておくべき4つのポイント

  • 彼女が欲しいのか、ヤリモクなのか
  • あなたに好意があるか
  • マッチングアプリを始めた動機、経緯
  • どういう人がタイプか

相手のことをまずは知ることが重要。

 

ほぼ100%ヤリモク確定の特徴4つ

  • 自己紹介文が非常に短い(3行ほど)
  • ほとんどプロフィール欄が埋まっていない
  • 始めからタメ口っぽいメッセージ
  • 会う時間帯が遅い

チェックしておくべきポイントと、4つの特徴をしっかり確認することでヤリモクを回避しながら、ステキな相手を見つけることができるようになる。

 

婚活アプリで付き合うまでの期間については・・・

マッチングに成功してから、メッセージのやり取りを1日1~2回を行って、2週間が過ぎたあたり。10通目から15通目程度メッセージのやり取りを経て初対面になることが多い。

それからメッセージのやり取りを続けて、3回目に会った時に告白・お付き合いを始める流れが多い。

いづれの場合も、あくまで一般的な流れで、お互いのタイミングなど事情がある場合もあるので、周りの状況は参考程度にして、自分がそこに当てはまっていないと焦る必要は全く無し。

 

ヤリモク対策をしっかり行いつつ、相手とのやり取りを楽しみながら、ハッピーエンドを迎えられるようになりましょ~♪

 

婚活の関連記事はこちらからどうぞ♪